メインイメージ画像

中高年の転職条件のポイントとは

ご存知かもしれませんが、中高年の人の転職というのは大変辛い現実があるようです。300社書類を郵送し、20社面談に漕ぎつければ、良い方と言われていますが、想像しただけで気力を失ってしまいます。現に、私の父親の経営している店が不景気の煽りにより人を雇用できなくなった際、その時勤務していた3人の30代〜40代の男性も次の仕事があまり見つからず、長い人で3年程父の店で勤め続けた人もいます。言う間でもなく、父の関係者や様々な伝手で探してもらいましたが、それでも大変だったようです。

それだったら、転職は思いとどまった方がいいのではないかと思いますよね。転職をすれば、少なからずまた1からのスタートなので、月収も減るかもしれませんし、条件も合致しないケースもあります。でも現在の会社に勤めるよりはマシと考えるならば、たくさんの事を決めた上で行動しましょう。いくつからの開始でも遅い事なんかありません。

働きながら転職活動をする事は色々厄介な事が何度もあると思います。初めに、転職先を見つけるのに時間がない場合、求人情報誌や求人サイトで見る事もできますが、手軽にできるのが求人サイトに登録しておくと実用的だと思います。条件を登録しておけば、自分にマッチした会社をメールで配信してくれます。それに、ハローワークでも似たようなサービスを開始しているので、平日にハローワークに行けない人は、楽ですよね。

他にも、転職先の面接が平日になってしまうケースもあると思いますが、休むわけにもいかないと思います。どうしても言われた日時に行けないなら、転職先の企業に無礼がないように調整してもらいましょう。私もそのような経験をしましたが、正直に「その時間は勤務中なので違う日でお時間もらえないでしょうか」と、丁重に言ってみたところ改めていただけました。できる限り、自分の勤め先の予定を変えられるなら、自分の都合をつけるのが普通です。

更新情報